ベクターデータとビットマップデータの違いは何ですか?

ベクター画像とビットマップ画像の違い

まずは上の図をご覧ください。

左がベクターデータで、右がビットマップデータを現した例になります。それぞれの猫のイラストを拡大していくと、ベクターデータはきれいな輪郭のままですが、ビットマップデータは、ギザギザが目立って粗い画像になります。
それでは、各データについて解説します。

■ベクターデータ Vector Data
画像を点の座標とそれを結ぶ線(ベクター、ベクトル)などの数値データをもとにした演算によって表します。点と線を数値化して、コンピュータが再現して表示する形式です。
ai、epsなど
この場合、テキストがアウトライン化してなければ、文字自身の文字コードと座標他、フォント名、サイズ、色、変形方法などが指定できます。点の集まりであるビットマップデータとは違い、拡大しても画像が粗くならないという利点があります。線や図形の表現に適しています。

■ビットマップデータ Bitmap Data
画像を色のついたドットと呼ばれる点の集まりとして表現するデータ再現方式
テキスト情報などはなく、すべてが色とドットの情報のみ。点の集まりで構成され、縮小・拡大を繰り返すと画像がぼやけますが、写真など細かい色の表現には向いています。
jpg、png、gifなど

それぞれ利点と欠点があるので、使う目的や種類によって、使いわけましょう。

当店では、ラバーストラップなどを制作の時にご利用頂けるベクター化作業依頼を1,500円(税別)で行っています。ラバーストラップを作ってみたいけど、Illustratorは持っていないしと迷っておられる方も、お気軽にご利用ください。

ベクター化・作業依頼のページはこちらから
ベクター化・作業依頼
MonoQ(モノキュー)では、デザインの相談から行っております。
ページ右上のお問合せフォームから、お気軽にお問い合わせください!

      

ページトップへ