アイマスクの作り方

アイマスクの作り方

テンプレートを使ってアイマスクの入稿データを作ってみましょう!
まずは自分で撮った写真や、描いたイラストを用意します♪
次に、テンプレートに合わせて入稿データを作っていきます。


1.まずは、どんなデザインにするか考えます。 2.素材を用意します。ビットマップデータの場合は、2362 x 1181 pixel以上で作成してください。
3.ビットマップデータをテンプレートのIllustrator上に入れる場合は、リンクにしてください。Illustrator上でそのままベクトルデータで作成されてもOKです。 このガイドのラインまでトリムが被ります.このラインぎりぎりは避けて余裕を持ってレイアウトしてください。細かい文字はIllustrator上でベクトルデータで作成された方が比較的エッジがしっかり出ます。トリム(アイマスクの淵)の色を決めます。Pantone Solid Coatedより色をご指定ください。トリムは既存品を使用していますので、ご希望の色が無い場合は近似色になります。
4.psdデータのテンプレートを使用してもらってもOKです。いずれの場合もテンプレートの枠に注意しながら、イラストや文字をレイアウトしてください。
5. 外枠ギリギリまでデザインすると商品になったときに、トリムが被さって見えなくなります。トリムのガイドラインの内側で余裕を持ってデザインしてください。 
6.完成。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アイマスク(片面プリント)↓
アイマスク(片面プリント)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
アイマスク(両面プリント)↓
アイマスク(両面プリント)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
テンプレートはこちらから↓
テンプレート
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

—*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*—

OEMサービスについてはこちらから↓
OEMサービスについて
—*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*—

—*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*—

ベクターデータとビットマップデータの違いについてはこちらから↓
ベクターデータとビットマップデータの違いは何ですか?
—*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*—

—*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*—

PANTONE Solid Coatedはこちらから↓
PANTONE Solid Coated
—*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*—

MonoQ(モノキュー)では、デザインの相談から行っております。
画面右上のお問合せフォームから、お気軽にお問い合わせください!

      

ページトップへ