2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日
各種クレジットカード

Amazon ペイ

コンビニ決済

ゆうちょ銀行

銀行振込
 
ご入稿方法のコツ
 

デザインデータを的確に作るためのポイント


ポーチ、バッグ、時計、Tシャツ、アクセサリー、ステーショナリー、モバイルケースなど、多彩な商品を、きれいに入稿するためのコツを紹介します!

購入、納品までの流れについてはご利用ガイドをご覧ください。


推奨画像サイズの確認

まずは各商品の詳細画面に記載の推奨画像サイズをご確認してください。多くの商品についてはページから推奨画像サイズに設定されたテンプレートがダウンロードできるようになっています。商品のテンプレートが掲載されていない場合はご連絡ください。

各商品のページにある推奨画像サイズを確認し、記載のピクセル数以上の画像を使用します。

既定以下の解像度で印刷しますと画像のエッジが荒い印象になります。




低解像度の場合、高解像度に比べ、エッジがぼやけた印象になります。

推奨サイズ以上の場合も縦横比をテンプレートに合わせてください。
(例)1200 x 1000 pixel 以上 → 1800 x 1500 pixel(縦横どちらも1.5倍)

 


デザインの配置とテンプレートの利用方法

ダウンロードしたテンプレートを使用して、デザインを作りましょう。
テンプレートは、jpg、psdなどがございます。使い易い方をご利用ください。psdで作成の場合、ご説明レイヤー(説明文やアタリの枠が入ったもの)を参考にして作成してください。最終的な入稿の際には、ご説明レイヤーや、jpgのテンプレートは削除してください。



せっかくのデザインが切れてしまう可能性がございますので、
画像のように、端に大事なデザインを配置するのはおすすめしません。
端からゆとりをもって、配置してください。
テンプレートにより、印刷のセーフライン(印刷安全範囲)を提示しているものもあります。大切な柄や文字などは、印刷安全範囲内に納まるように配置してください。


※注意点
弊社通常商品は、ひとつひとつ、フルカラーでオンデマンド印刷を行っています。
そのため、同じものを印刷しても、色合いや配置に微妙なずれがあります。

 

※「テンプレートの使い方」は こちらから
    デザインのコツ
・総柄以外は、テンプレートで印刷安全範囲をしっかり確認しましょう
商品によっては、デザイン配置の助けになる「枠」が設定されているものもあります。
連続したパターンの総柄など以外で、デザインの配置をある程度決めているときは、できるだけ商品テンプレートをご使用ください。 各ページ内にリンクのないものはお問い合わせください。

※テンプレートはあくまで目安となりますため、mm単位までデザインをあわせることはできません。
何卒ご了承ください。

・テンプレートの商品枠の外側も背景色や背景柄を入れてください
商品のテンプレートは、商品の形に添ったものが多くあります。


ご入稿の際は、商品枠の内側だけでなく、画像内の端から端まで背景色や背景の柄を入れてご入稿ください。
印刷ずれが起こった際、余白部分になりますので、途切れないように入れてください。

データのアップロードページは以下になります。
ご入稿ページ

または、info@MonoQ.jp 宛てにメールに添付(データサイズ10MB以下の場合)、
もしくはデータ転送サービスでお送り頂いても大丈夫です。

・ご製作に迷ったら

お問い合わせフォームよりご相談ください。
希望デザインの、簡単なイメージラフをご用意いただければ、より正確なアドバイスが可能です。
(お返事に時間を頂くことがあります。予めご了承ください)


ご入稿の際は、jpg,png又はpsd形式で弊社までお送りください。

皆さまの楽しいデザインをお待ちしております!

ページトップへ